足羽山招魂舎
禁門の変と戊辰戦争で戦死した福井藩士の慰霊のため、明治6年に造営されました。その後も、多くの戦没者が合祀されています。