七ツ尾口採掘跡
足羽山を構成する岩石であり、福井の名石としても知られる笏谷石は、古くは露天掘りで、江戸時代以降は坑道を掘って、平成11年まで採掘されていました。七ツ尾口採掘跡は、坑道がいくつにも分岐しており、深い縦坑も残されています。